断食をした後に気をつける回復食メニュー

断食をした後に気をつける回復食メニュー

復食期は何を食べるといい?

復食期は何を食べるといい?

折角の断食(ファスティング)を無駄にしないためにも、一番気をつけなければいけない回復食。
どんなメニューにするべきか悩む方も多いかと思います。

2日間の断食をした場合は2日半

3日間の断食をした場合は3日半

断食をした期間と同じだけ復食期間が必要になります。

断食の効果がUPするメニューを紹介します。



回復食がセットになった断食セットならこれがおすすめ!

2日間の断食後の復食メニュー

復食1日目

【復食1日目 朝】
・フレッシュジュース(果汁100%)又はトマトジュース(無塩)

【復食1日目 昼】
・ヨーグルト
・トマトジュース(無塩)180ml

【復食1日目 夜】
・白米のお粥
・具なし味噌汁

復食2日目

【復食2日目 朝】
・フレッシュジュース(果汁100%)又はトマトジュース(無塩)
・具なし味噌汁

【復食2日目 昼】
・白米のお粥
・豆腐入り味噌汁
・ヨーグルト

【復食2日目 夜】
・白米、または玄米のお粥
・豆腐、ほうれん草の味噌汁
・納豆

復食3日目

【復食3日目 朝】
・大根の葉、ほうれん草等やさいたっぷりの味噌汁
・バナナ1本

【復食3日目 昼】
・お蕎麦(ミニ)
・トマト、レタス等のサラダ

【復食3日目 夜】
・雑穀ご飯
・大根、人参のピクルス
・焼き魚(鮭)
・納豆、キムチ、オクラあえ

断食と同じ日数の復食期を過ごしたら翌日からは通常食となりますが
できるだけ消化にいいものを取り入れるようにすると
断食の効果が持続し、復食期の減量も可能になります。
突然、消化器官を酷使すると食べ過ぎてリバウンドは勿論のこと
腸閉塞など身体のトラブルに繋がってしまいます。
バランスのいい食事、酵素を多く含む食材を取り入れて
少量をよく噛んで消化器官の負担を減らしていきましょう。

回復食がセットになった断食セットならこれがおすすめ!

酵素を含むおすすめの食材

納豆

良質なアミノ酸が取れ、血液がサラサラに。よくかき混ぜることで酵素量がアップします。

キムチ

食物性乳酸菌が豊富に含まれています。胃酸にも負けずに生きたまま腸に届くので非常におすすめ。

生野菜(アブラナ科)

キャベツ・かぶ・大根・ブロッコリー・カリフラワー・白菜・チンゲン菜・小松菜・菜の花・ルッコラ等
これらの野菜は強力な抗酸化作用がありおすすめ

パプリカ・きゅうりのピクルス

酵素と乳酸菌も同時に摂れ、作っておけば保存がきくので是非作り置きを。

避けたい食材

砂糖

白砂糖の主成分のショ糖は消化されずに血液に入り込むため×

肉や魚の植物性タンパク質

植物性タンパク質は消化に時間がかかり、消化酵素の無駄使いになります。

ハム・ソーセージなどの食品添加物

練製品などにふくまれる添加物は酵素の働きを阻害します。

乾燥大豆や小豆、果物の種、玄米は酵素抑制部室を多く含むので×

これらの食材に注意して、断食の効果を持続させるようにしましょう。



回復食がセットになった断食セットならこれがおすすめ!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ