断食(ファスティング)を行うときに注意すること

これで成功!断食を行うときに注意すること

 

月に2~3回の断食、ファスティングで気をつけるべき主なポイントです。

ファスティングを行う時ににをつけるポイント1良質な水分を十分にとる

断食を成功させるポイントはミネラルウォーターなどの良質な水分を補給するようにしましょう。1日10杯(2リットル)以上をたっぷりと。代謝が上がり、体内の毒素が排出されます。

ファスティングを行う時ににをつけるポイント2断食前後は胃腸に負担がかからない食生活を

前日の夕食はできるだけ酵素の多い生ジュースや生野菜サラダ、すりおろし野菜など消化のいいものを食べましょう。断食後の2食、加熱食は避けるようにしましょう。

ファスティングを行う時ににをつけるポイント3好転反応と対策は?

断食を行うことで、頭痛や吐き気、下痢、食欲不振などの症状がでる場合があります。これは「好転反応」といって身体の中の毒素が抜けて良くなっている証拠。一時的な症状ですぐに治まりますが、無理は禁物です。辛い時は、すぐに辞めて次のタイミングに備えましょう。定期的に断食を行うことで身体も少しづつ慣れてくるはずですので諦めずに続けてみましょう。

プチ断食から回復食のやり方2

これで成功!酵素たっぷり生ジュースが体にいい理由

回復食としてお話した生ジュース。生ジュースを飲むといい理由を知りましょう。

理由1ビタミンやフィトケミカルが豊富だから活性酵素をやっつける!

ビタミン、ミネラル、そして香りや苦味の成分で「フィトケミカル」が豊富な果物や野菜は活性酵素をやっつけます。

フィトケミカル(ファイトケミカル)植物性食品に含まれる成分で抗酸化力、免疫力を手助けする働きがあります

 理由2果物は70~80%が水分なのでお通じも快調に!

腸内環境を整えるためには水分が必要です。果物は70~80%が水分でできており、食物繊維も豊富なため、便秘解消にも効果があります。

理由3朝一番に栄養を補給できる!

朝は即効性のある栄養補給が、その日、1日を元気に過ごす秘訣です。生ジュースなら、たっぷりの栄養と酵素が補給できるため、1日を生き活きと過ごせるのです。

理由4食物繊維で便秘、疲労回復にも効果的!

様々な野菜と果物を組み合わせれば水溶性、不溶性食物繊維もバランス良く取り入れることができます。そのため便秘や疲労蓄積も解消されるのです。

理由5酵素を減らす原因となるストレスも軽減!

野菜と果物にはビタミンCがたっぷりなので、ストレスの軽減に役立ちます。ストレスを溜め込みやすい人こそ、生ジュースがおすすめなのです。断食でストレスを感じたら回復食には生ジュースを。

理由6消化がよく酵素力アップ!

朝は体のリズムに合った食材(バナナ・りんご)を選び、消化に負担をかけないことがポイントです。すぐにエネルギー源になる生ジュースで酵素力もアップします。

 

コメントを残す

このページの先頭へ